もっと素敵な明日へ

何気ない日常をつらつらと

【衝撃】300人委員会の目的と世界で起きている事象 本当の真実とは?

以前の記事で、300人委員会について記載いたしました。

300人委員会は、イルミナティフリーメイソンといった秘密結社の上位組織です。

nichijyou.hateblo.jp

 

謎に包まれる300人委員会

何を目的として、どんなことを行っているのでしょうか?

 

今回は、実際に300人委員会の目的と300人委員会によって起きたとされる事象についてご紹介したいと思います。

 

 

 

目次

 

 

 

 

300人委員会の目的

f:id:kabutara:20210919161605j:plain

300人委員会は何を目的にしているのでしょうか?

主な目的としては、新世界秩序をもたらすことです!!

新世界秩序(ワンワールドオーダー)へ世界統一政府を樹立し、文字通り世界を統一するというものです。

 

世界統一に向けて、様々な計画を企てている。。。

その計画を、イルミナティをはじめとする秘密結社が実行していきます。

 

 

世界統一に向けて

f:id:kabutara:20210919161711j:plain

世界統一に向けてどのようなことが行われるのか。

ここでは、具体的な内容について触れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

人口削減

まずはやはり人口削減。

300人委員会戦争疫病によって2050年までに人口が10億人になるとしています。

10億人のうち、5億人は中国人と日本人が占めるそう。理由は、何世紀にもわたって統治されてきた民族であり、権威に従うから。

 

何人の日本人が残れるのでしょうか。

 

人口削減に疫病が利用される、、、 怖いですね。。。

また、内閣府が発表しているムーンショット計画と同じ2050年を目標にしているのは、偶然なのでしょうか?

 

nichijyou.hateblo.jp

 

 

 

 

 

管理社会

世界統一政府に向けて管理社会となっていきます。すべての人間にIDによる管理が行われるようになります。

また、紙幣は無くなりIDの書かれたカードが支給され管理された中で買い物をする世界が来るとのこと。

 

スマートフォンを利用したりSNSを利用している人々はすでに管理が始まっているのかも。。。

 

ちなみに僕は、スマホSNSも利用しているので思いっきり管理されていると思います(笑)

 

 

 

 

 

世界で起きた事象

ここでは世界で起きた事象について、300人委員会によって引き起こされたとされるものをご紹介いたします。

 

 

戦争

f:id:kabutara:20210919161345j:plain

人口削減のところでも登場しましたが、300人委員会によって戦争が引き起こされています。

300人委員会の前身である東インド会社はアヘン貿易で莫大な利益を得ており、アヘンの取り締まりを強化した中国に対してアヘン戦争が起きてしまいました。

 

また、日本が奇襲をしたとされるパールハーバーも仕組まれたものとされています。

 

戦争によって人口の削減だけでなく、利益・利権を得ることができるため、戦争が起こるように仕向けているのだとか。

 

今起きている戦争も、利益を得ている人はいるし、元々仕組まれて起きているかもしれません。。。

 

 

 

洗脳

f:id:kabutara:20210919161215j:plain

300人委員会は世界に対して洗脳(プロパガンダを行っているとのこと。

特に、300人委員会の下部組織であるダヴィストック研究所によって行われています。

 

中でもビートルズが一番有名かと思います。

 

ビートルズが世に出てくることで、アメリカではヒッピーと呼ばれる方が爆発的に増え、薬物のまん延が起きたといいます。

 

アヘンの時といい、人間の思考停止をするために薬物を世界にまん延させている300人委員会。内側からの破壊を目指しているのでしょうか。

 

 

また、ダヴィストック研究所はタスキーギ梅毒実験という非人道的な実験をしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

タスキギー梅毒実験 - Wikipedia

 

人々を動かすためには洗脳が一番いい方法なのでしょう。

 

 

 

 

最後に

色々と書いてきましたが、信じるも信じないも感じ方は人それぞれ。

個人的な視点で見ると、恐怖を感じますが、全世界的に見た場合、人口の削減は考えなくてはならないテーマかもしれません。

 

 

 

今回の記事は、こちらの本を参考に書いています!

著書の中では具体的な人物名も明記されています。

興味のある方はご一読してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それではまた!

 

 

↓↓↓クリックしていただけると励みになります!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村