もっと素敵な明日へ

何気ない日常をつらつらと

衝撃的な実験 Universe25 実験の結果は何を意味するのか?

f:id:kabutara:20210612154828j:plain

 

事柄を確かめるために行われる実験。

化学をはじめ、様々な分野で実験が行われていると思いますが、皆さんは、Universe25という実験をご存じでしょうか?

この実験は、動物行動学者のジョン・B・カルフーンという方が行ったもの。 

ジョン・B・カルフーン - ウィキペディア (wikipedia.org)

 

僕は、最近この実験について知ったのですが、あまりの衝撃だったのでご紹介いたします。

 

 

 

目次

 

 

 

 

どんな実験?

まずは、どのような実験かをご紹介いたします。

自然界では天敵や食物連鎖により個体数は均衡を保たれていますが、天敵がいなくて食物にも困らない「楽園」の状態で過ごせばどうなるのか?といったもの。

 

具体的には、豊富な食料と水が補給される広い空間に健康なネズミを8匹(4組)を放ちます。

広い空間は4つの部屋に分けられて、部屋と部屋は自由に行き来ができる状態にしてあります。

 

この状況でネズミがどのような行動をするのかを観察するものです。 

 

 

 

第1期 個体の増加

空間の中には15匹以上入れる巣作りのスペースが250程あり、3,000匹以上を収容できるようになっています。

 

 ネズミにとって過ごしやすいこの空間では、ネズミの人口? ネズミの個体数は倍々で増え続け、最初8匹だったネズミが315日ほど経ったときに620匹まで増えました。

 

 

このまま順調に増え続けるかと思いきや、ここから出生率が減少していきました。

個体の増加も緩やかになっていきます。

 

 

 

各スペースに均等に散らばればより過ごしやすいと思うのですが、13匹しかいないスペースと、100匹以上のネズミが窮屈に暮らすスペースに分かれていきます。

 

 

 

 

f:id:kabutara:20210613195028j:plain

第2期 格差社会

 ゆったりと生活ができているネズミと窮屈に生活しているネズミ。

315日目以降、ネズミの社会に格差ができてきていることがわかりました。

ネズミ同士で争いをし始めて、ボスになろうとする権力闘争が起きるようになりました。

 2世や3世の新たに生まれた子ネズミも、成長すると争いをするようになりました。

 

 

こうしてボスになったネズミはゆったりと空間を利用することができました。

またボスに囲われたメスのネズミは子煩悩になり、子ネズミの世話を良くしていました。

ここでの出産後の子ネズミの死亡率は50%に保たれていました。

 

 

争いに負けて窮屈に暮らすネズミたちは一斉に餌を食べに行くようになりました。

本来ネズミは1匹で活動するはずなのに、1匹で餌を食べているネズミはどこか不安そうで、やがて多数のネズミと行動を共にするようになりました。

 

ここで暮らすオスは、性別を問わず無差別に強姦してしまいます。

また、メスは巣作りがうまくできませんでした。子育てもできず、産んだ子供を運ぶときに落としてしまい、ほかのネズミに食べられたりしました。 餌はたくさんあるにもかかわらず、、、

 

ここでの出産後の子ネズミの死亡率は、90%でした。

 

 

一部のネズミは、引きこもりとなりました。

引きこもりのネズミは争いをしないため、キズはなくキレイで健康的な身体をしています。

しかし、他のネズミに興味を示さず、交配をすることはなくなりました。

他のマウスとの関りを避けて暮らすようになり、ほかのネズミからも避けられるようになりました。

 

 

 

第3期 死の段階

560日目からは、個体数の増加は完全に停止してしまいました。

600日目からは、死亡率が出生率を上回ってしまいます。

 

新しい世代のネズミは、交配や子育て、領土を守るといった概念がなく、食事や身だしなみを整えることに時間を使いました。

 

この後、徐々に交配や社会への関与を拒否したネズミが、ギャングを形成して略奪などを繰り返すようになりました。

 

920日目に最後の妊娠を確認されましたが、生まれることはありませんでした。

 

そして、1780日目には最後のオスが死亡して、あとは滅亡を待つのみとなってしまいました。

 

 

 

最後に

 楽園・パラダイスを与えられたネズミは、あまりにも早く滅亡を迎えてしまいました。

 

たまたまこの結果が出たんじゃ?と思う方もいるかもしれませんが、この実験は25回行われており、その全てで同じ結果となってしまっています。

 

 

あくまで、ネズミで行った実験ですが、皆さんはどう思いましたか?

人間には、これからどのような未来が待っているのでしょうか?

 

 

参考記事 「Universe 25」 | すべてはうまくいっている! 光と心の調和 (ameblo.jp)

 

ひきこもりは太古の昔からいた? カルフーンの動物実験が明かす衝撃の可能性 - ひきポス -ひきこもりとは何か。当事者達の声を発信- (hikipos.info)

 

What Humans Can Learn from Calhoun's Rodent Utopia (archive.org)

 

 

 

それではまた!

 

 

 ↓↓↓クリックしていただけると励みになります!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村